​文科省記者クラブにて12月28日午後2時から記者会見します。


私たちは、「子どもへのわいせつ行為の前歴がある人へ、教員免許の再交付をしないで下さい」 という

署名5万4千筆(2020年9月17日現在)を9月28日文部科学省へ提出させていただきましたが、萩生田光一文部科学相が12月25日、わいせつ行為で懲戒免職となり、教員免許を失効しても、3年経過すれば再取得可能としている教育職員免許法について、期間を延長して規制強化する法改正を断念すると明らかにしたことから、再度、教員免許再交付禁止を求めるとともに、断念理由の開示、被害者支援、加害教員への治療プログラム実施、子どもの権利条約に則った迅速な法整備を求めるための陳情書と提言書を文科省に提出します。

日時:  2020年12月28日午後2時-3時

場所:  東京都千代田区霞が関3-2-2 文部科学省記者クラブ12階会見室 

全国学校ハラスメント被害者連絡会・子どもの権利を守る会メンバーが陳情・提言内容と今後の活動などについて、記者会見します。

会見はクラブに所属していない記者の方も参加できます。 

どうぞ宜しくお願い致します。