わいせつ教員は対策法について、朝日新聞のインタビューに答えました。

https://www.asahi.com/articles/ASPDQ63F6PDPUTIL05X.html

性暴力や体罰を受けた小中高生の保護者でつくる「全国学校ハラスメント被害者連絡会」の大竹宏美・共同代表は、指針が示した性暴力の定義に、刑法や特別法の犯罪以外のセクハラが含まれたことを評価。一方、再交付の審査会について「現時点ではどのような人が選ばれるのかわからない。完全な第三者かどうかチェックするためにもメンバーを公表すべきだ」と指摘した。



閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示