東京都小学校教員による子どもへのセクハラ裁判について、裁判費用のカンパをお願いします。

更新日:2021年10月28日




小学校時代の担任教諭からのセクハラ痴漢行為で、精神的苦痛を受けたとして、東京都内の女子中学生が損害賠償請求訴訟を起こし、係争中です。


経緯を取材した記事

https://blogos.com/article/389146/


傍聴記録の一部

https://hutoukouh.hatenablog.com/entry/2020/02/29/091544


直近の裁判に関しての記録など

https://makog.theletter.jp/posts/2913bcd0-bd4e-11eb-aba7-61a5f69269fe


地裁判決前の記事

https://www.jprime.jp/articles/-/21780?display=b


東京新聞記事

https://www.tokyo-np.co.jp/article/137352


原告からのお願いです。

2019年6月から本人訴訟を始めました。

裁判の事件番号は、平成31年(ワ)第8148号損害賠償訴訟事件です。

2020年1月に父が病気で緊急入院し、原告が未成年で保護者が母だけだと、制度上裁判が続けられないため、2020年から弁護士を代理人として裁判を続けてきました。しかしながら、父が入退院を繰り返しており、弁護士費用の捻出が困難になってきました。どうかご支援下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。


裁判費用のカンパは、

母の口座にお願いします。


三菱UFJ銀行 

神田支店 

普通

0390424

オオタケヒロミ



以上



次回期日が決定次第、このブログやTwitterでもお知らせします。



全国学校ハラスメント被害者連絡会もこの裁判を応援しています。



皆様の応援、ご支援をお願い申し上げます。




閲覧数:796回0件のコメント

最新記事

すべて表示