朝日新聞DIALOGさんに対話を求めました。

性暴力二次加害について、朝日新聞DIALOGさんに対話を求めました。 被害者として、ひとりひとり理解して下さる方を増やしていかなければと考えたからです。 どうか、私たち被害者に真摯に向き合って頂けますようお願い申し上げます。 朝日新聞DIALOGさんからの返信を待っています。性暴力二次加害にあたる内容に関してはこちらhttps://twitter.com/bewizyou1/status/1337503857081864192?s=20


全国学校ハラスメント被害者連絡会として朝日新聞DIALOGさんにお願いした内容は以下の通りです。個人情報部分については割愛してあります。


私たちは性暴力被害者であり、教育評論家、記者、弁護士らと学校や社会から性暴力をなくすための活動しています。


朝日新聞DIALOGさんがツイートされた内容が性暴力被害者にとって二次加害や被害者消費あたり、そのことで傷ついている性暴力被害者もたくさんいます。


朝日新聞DIALOGさんは今回、誤解を招いたという反省をされていますが、被害者消費、性暴力二次加害について、さらに学んでいただきたいと私たちは考えています。


現役記者であっても性暴力二次加害や被害者消費に気付きにくいということを、私たちは実践的に理解しています。そこで朝日新聞DIALOGの皆さんに、性暴力取材について、当事者である私たちの声に耳を傾けていただきたく、お願い申し上げます。


私たちはこれまでも性暴力被害者への取材について、記者の皆さんに被害者の立場に立った取材を行っていただけるように対話を続けてきています。


今回の件につきまして、ぜひ、私たち被害者と対話の機会を持っていただけましたら幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。


以上を朝日新聞社と朝日新聞DIALOGさんにメールしました。ご返信をお待ちしております。




65回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook
  • LinkedIn

©2020 by 学校ハラスメント防止法と条例制定を要望す。Wix.com で作成されました。